寝ている間が肝心?睡眠中にバストを大きくしよう!

睡眠中に体が作られる

睡眠は人間が生きていく上で必要不可欠で、多くの時間を睡眠に費やすことになります。成長期の頃は身長を伸ばし、成人になってからは体の傷ついた部分を修復します。バストが大きくなるのも睡眠中で、良質な睡眠をとらないといけません。
身長の場合は成長期を過ぎると伸びなくなりますが、バストの場合はその後も大きくなります。大きくなりやすい時期は成長期であることに間違いありませんが、そこでバストアップしなくても諦める必要はないのです。単に睡眠をするだけでなく、適切な時間に熟睡することが大切です。適切な時間とは成長ホルモンが多く分泌される22時から翌2時の間で、この時間帯に熟睡すると効率良くホルモンが分泌されます。

運動や食事も大切です

心地良く寝るためには、多少の疲労感が大切です。仕事をしてると肉体的・精神的ストレスがあり疲れますが、そうでない場合はなかなか疲れる場面がありません。疲労していないと眠たくなりにくいですし、入眠したとしてもすぐに目が覚める可能性があります。成長ホルモンの分泌も促さないといけないので、適度に運動することは大切です。
食事も見逃すことができず、例えば毎日偏った食事をしていると栄養バランスが崩れるので体の修復が上手くいきません。バストアップには女性ホルモンが必要なので、女性ホルモンに関係する食事をした方が好ましいです。大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのような働きをするので効果的で、できれば毎日食べたいです。